フレッツ光でWi-Fiを利用するには?方法と注意点の解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6206 views

「フレッツ光を申し込んだはいいけどWi-Fiの使い方がわからない!」
「Wi-Fiを使うにはどんな機器が必要なの?」

Wi-Fiを利用するには結構いろいろな知識が要りますよね。
中には、機器はあるけど使い方がわからないから繋いでいない、なんて人も…

このページではフレッツ光を利用する際のWi-Fiの繋げ方から注意点まで詳細を見ていきます。

Wi-Fiが利用できると家の中でも外でも便利

Wi-Fiとは、パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機器・家電などを、ケーブルを介さずにネットワークに接続することができる機能です。

Wi-Fiに対応している機器であれば、ほぼすべてネットワークにつなげられます。

フレッツ光をすでに使用している場合、Wi-Fiを利用するために新たな工事やネット環境の変更などは必要ありません。
新たな端末機器の準備と接続設定だけで済みます。

家の中の様々な機器をケーブルなしでインターネットに接続できる

Wi-Fiに対応しているあらゆる機器を、ケーブルを通さずにインターネットに接続できます。
Wi-Fiに接続できる機器はパソコンの他に、プリンター・スマートフォン・携帯ゲーム機などが代表的です。

最近では防犯カメラや冷蔵庫などの家電にもWi-Fiに対応しているものがあります。
フレッツ光など固定回線での接続は通信料金が定額のため、何台つないでも月額利用料は同じです。

ケーブルを使わずにインターネット接続ができるので、家の中はスッキリ片付けやすく、機器を置く場所を決めるのに困ることも少なくなります。

家の外ではスマートフォンのデータ容量をフルで使える

家の外では、契約しているスマホのデータ通信容量を目いっぱい利用することが可能です。
なぜなら家の中でのスマホはWi-Fiに接続すればよいので、データ通信容量を消費することなく利用することができるからです。

動画の閲覧・通信ゲームアプリなどを毎日楽しむ人も多いですが、これらの分野は特にデータ通信容量を消費しやすいものです。
従ってWi-Fi通信をうまく活用した利用方法がおすすめです。

無線LAN構築方法①機器をレンタルする

最も一般的な無線LAN環境の構築方法は、NTTからWi-Fiルーターをレンタルする方法です。
どの機器をレンタルするかは、契約プランによって異なります。

「ホームゲートウェイ 無線LANカード」を借りる

フレッツ光で「フレッツ 光ネクスト」、「光電話」のいずれも契約している方は、ホームゲートウェイ用の無線LANカードをNTT東日本からレンタルすることでWi-Fiが利用できるようになります。

フレッツ光の有料サービスであり、月額100円です。

「ホームゲートウェイ本体+無線LANカードを借りる

フレッツ光ネクストだけを契約している方は、ホームゲートウェイという本体機器と無線LANカードをレンタルすることでWi-Fiを利用できます。

月額レンタル料金は、無線LANカードの100円に加えてホームゲートウェイの分がプラスされます。
ホームゲートウェイに関しては低価格プラン(月額250円)と標準プラン(月額450円)があります。

低価格プランのほうが月額料金が低いですが、2年間の最低利用期間が定められています。
2年以内に解約すると、解約金として2,000円を支払わなくてはなりません。

標準プランは途中解約しても解約金が発生しませんが、1年間で余分に5,300円かかります。

機器をレンタルすることのメリット・デメリット

レンタルのメリット

レンタル機器はフレッツ光を利用することを前提に設定されているため、設定作業をする必要がほとんどなく、だれでも非常に簡単に利用できるのがメリットです。
レンタルすると同封で届く説明手順に沿えば、問題なく使用することができるでしょう。

また、万が一使えないことがあっても、フレッツ光に問い合わせをすることができます。

レンタルのデメリット

一方で、月額レンタル料を支払い続けることになるため、中長期的にはコストパフォーマンスが良いとは言えないのがデメリットです。
無線LANルーターはおおよそ4,000~5,000円前後で、安いものであれば2,000~3,000円で入手できるものもあります。

コストパフォーマンスを重視するなら自分で用意するほうがお得です。

無線LAN構築方法②無線LANルーターを自分で用意する

レンタルには月額料金がかかることから、長期的にはコストが高くなります。
ルーターを自分で用意すれば購入費用だけで済み、月額料金は不要です。
設定作業が必要ですが、手順どおりに行えば難しい内容ではありません。

無線LANルーターは売れ筋の商品を選ぼう

無線LANルーターのスペックを見ても、一般の方にはわからないことが多いでしょう。
一つ一つの用語を理解するだけでも時間がかかります。
効率よく適切な商品を購入するには、通販サイトの売り上げ上位で、ユーザーレビューが数多く投稿されている商品がおすすめです。

無線LANルーターで定評のあるメーカーはBUFFALO(バッファロー)、I-O DATA(アイ・オー・データ)、ELECOM(エレコム)などです。
これらのメーカーは電話サポートサービスも提供しているため、困ったら活用してみてください。

無線LANルーターの種類

無線LANルーターには大きく分けて2種類があります。

最もベーシックな設置型のルーターは、自宅で利用するための最もベーシックなタイプです。
モバイルタイプに比べれば大きいですが、それほど場所を取るわけでもありません。
さまざまな独自機能を備えたタイプも販売されていて、商品の選択肢も多いです。

モバイルLANルーターは設置型よりサイズが小さく、ポケットにも入る程度の大きさです。自宅用というよりも、ホテルの客室など外出先で用意されているWi-Fiを利用するためのルーターです。

無線LANルーターの設定方法・手順

無線LANルーターにはさまざまな商品がありますが、設定方法や手順について大した差異はありません。
ただしルーターのボタンの位置・名称・アプリの内容などはメーカー・商品によって異なるので、必ず同封される説明書もしくはメーカーが提供するサイトの情報を確認しましょう。

ルーターをインターネット機器に接続する

まず購入した無線LANルーターを、フレッツ光で使用しているルーターもしくはモデムと接続します。
接続するためのLANケーブルが付属品として同梱されている場合もありますが、ない場合は別途購入してください。

ルーターにACアダプターに接続して電源をONにすると、ルーターの表示ランプが光り始めます。

パソコンをWi-Fiに接続する方法

Windows10の場合、パソコンのトップ画面の右下のタスクトレーから無線LANのアイコンをクリックしましょう。
アイコンが見当たらない場合、「設定」→「ネットワーク接続」→「Wi-Fi」をクリックし、
「利用できるネットワークの表示」をクリックします。

パソコンが検出したネットワークの一覧(アクセスポイント名)が出てきます。
集合住宅などの場合、近くの部屋の住民が使用しているものも表示されます。

この中から、購入した無線LANルーターに記載されているアクセスポイント名と同じものを選択しましょう。

「接続」をクリックすると、ネットワークセキュリティキーの入力が求められますので、無線LANルーターに同封される情報を打ち込みます。
この際、情報を入力しなくてもルーターとパソコンを自動的につなぐ機能を利用できる場合があります。

ルーターおよびパソコンの操作方法は各メーカー・機種によって異なるため、詳細はルーターの説明書を確認してください。

スマホをWi-Fiへ接続する方法

iPhoneやAndroidのホーム画面から「設定」をクリックして、Wi-Fiをオンにします。
パソコンの場合と同じく、近くのアクセスポイントの一覧から、購入したルーターのSSIDを選択します。
パスワード入力画面で暗号化キーを入力し、「接続」をタップして完了です。

また、メーカーが提供するアプリを利用する場合もあります。
同封の説明書にあるQRコードなどを読み取るなどして提供サイトに接続し、アプリをダウンロードしましょう。

iPhoneはAppStore、AndroidはGoogle Playにてダウンロードします。
アプリを立ち上げるとネットワーク名(SSID)と暗号化キー(パスワード)が表示され、「設定適用」などをタップすると接続が完了します。

繋がらない場合は5つのポイントを確認しよう

  1. パスワードに誤りがないかの確認
  2. キーなどの入力内容が間違っていないか、再度しっかり確認してください。
    0(ゼロ)とO(オー)、1(イチ)とl(エル)などは間違えやすいポイントです。

  3. アクセスポイントの確認
  4. 近隣の他の人のアクセスポイントを選んでしまうと、いくら入力が正しくてもダメです。
    選択したアクセスポイントが自分のものかも注意しましょう。

  5. 機内モードになっていないかの確認
  6. スマホの場合は機内モードなどが原因でWi-FiがOFFになっていないかチェックしましょう。
    また、ONとOFFの切り替えを繰り返して、接続できないか確かめてください。
    スマホの再起動もおすすめです。

  7. 無線LANとの距離は適切か
  8. 電波状況を確認し、弱い場合は場所を移動してみましょう。
    Wi-Fiの電波はどこでも均一というわけではなく、繋がりにくい場所ができることもあります。

  9. 周辺機器が原因のケースも視野に
  10. ルーターのケーブルの接続状況、電源の接続状況を確認してください。
    色々試してもダメな場合はルーターの再起動を試みましょう。
    再起動とは、一度ルーターの電源を落としてから再度電源を入れることです。
    電源を切ってから10秒ほど待って電源をONにしてみてください。

    また、LANケーブルに断線がある場合は電波が上手く飛ばないことが考えられます。
    LANケーブルを新しく購入することもおすすめの手段です。

フレッツ光は、あなたが思っているより安い!?

フレッツ光

フレッツの月額が高いというのはもう過去のお話。

月額料金1,900円~で使い放題!

お客様にあったプランをご提案します!

フレッツ光でWi-Fiを利用する方法のまとめ

フレッツ光を契約している方がWi-Fiを利用するには、NTTに申し込んで機器を有料でレンタルする方法と、無線LANルーターを自分で用意する方法があります。
中長期のコストパフォーマンスを考えるとルーターを自分で用意する方法がおすすめです。接続は手順通りに行えばそれほど難しくはありません。

フレッツ光ユーザーならWi-Fiも賢く使ってサクサクインターネットを楽しみましょう!

フレッツ光に関するご相談はコチラ

フレッツ光

フレッツ光サービス提供エリア拡大中!

あなたの地域でもフレッツ光が利用できるか、
まずは無料でエリア確認してみましょう!

お得なキャンペーン実施中!

最大70,000円キャッシュバック

フレッツ光お申し込みサイトへ

フレッツ光

フレッツ光

フレッツ光とは、NTTが提供する最大1Gbpsの通信サービスです。大容量のサイトや動画コンテンツがスムーズに楽しめ、楽曲やゲームもあっと言う間にダウンロードできるなど、様々なコンテンツが快適に楽しめます。

関連記事
おすすめ記事