フレッツ光の料金を徹底解説!お得に契約できる代理店・キャンペーンも紹介

フレッツ光の料金内訳を総まとめ!高いと感じたときの解決法まで詳しく解説します フレッツ光

フレッツ光の料金やプランについては契約前にチェックしておきたいですよね。

フレッツ光の料金は、東日本や西日本でプランが異なったり、戸建て、マンションで選べるプランが違ったりなど少し複雑な部分もあります。

料金プランのラインナップを理解して、自分にあったプランを見つけていきたいところです。

本記事では、フレッツ光の料金プランを詳しく解説します。

記事の後半ではお得に契約できる代理店やキャンペーンを紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

そもそもフレッツ光とは

フレッツ光はNTTが提供する光回線サービスです。

エリアは全国的で、ほとんどの地域で契約できるのが他の光回線サービスと比較しての魅力となっています。

なお、フレッツ光はお住まいの地域によってNTT東日本、NTT西日本のどちらと契約するかが異なり、料金プランもそれぞれ異なります。

ここからは東日本、西日本それぞれの料金プランを詳しく紹介していきます。

フレッツ光の料金【東日本の場合】

まずは、NTT東日本エリアの料金プランを見ていきましょう。

料金プランは「フレッツ 光ネクスト」と「フレッツ 光ライト」の大きく2種類です。

フレッツ 光ネクストは、料金定額で、最大1Gbpsの高速通信が選べるプランです。

こちらは通信をたくさん使いたい人向けのプランとなります。

一方、フレッツ 光ライトは、データ通信をたくさんは使わず、通信速度もあまり求めない人向けのプランです。

料金はデータ使用量に応じた2段階制で、通信速度は最大100Mbpsとなります。

マンション向け、戸建て向けのそれぞれについて、料金プランの詳細を見ていきましょう

マンション向けのフレッツ光(東日本)の料金プラン

NTT東日本エリアのマンション向けプランは以下の通りです。

月額料金(税込)
※プロバイダ利用料別
通信速度※
(受信)
通信速度※
(送信)
初期費用(税込)
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・
スマートタイプ
(WiFi無線LANルーター付き)
プラン2:月額3,685円
プラン1:月額4,125円
ミニ:月額4,785円
(定額)
最大概ね
1Gbps
契約料880円
+初期工事費
16,500円
マンション・
ギガラインタイプ
プラン2:月額3,355円
プラン1:月額3,795円
ミニ:月額4,455円
(定額)
最大概ね
1Gbps
マンション・
ハイスピードタイプ
プラン2:月額3,135円
プラン1:月額3,575円
ミニ :月額4,235円
(定額)
最大概ね
200Mbps
最大概ね
100Mbps
フレッツ 光ライト マンションタイプ 200MBまで:月額2,200円
~970MB:~月額4,730円
970MB以上:月額4,730円
(2段階定額)
最大概ね
100Mbps
※ 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。実際の通信速度は利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況により大幅に低下する場合があります。

マンション向けのフレッツ 光ネクストは3タイプある

マンション向けのフレッツ 光ネクストのプランは、通信速度が最大1Gbpsの「ギガマンション・スマートタイプ」、「マンション・ギガラインタイプ」、受信最大200Mbpsの「マンション・ハイスピードタイプ」の3タイプから選べます。

料金は最大1Gbpsと最大200Mbpsで大きく変わらないので、基本的には最大1Gbpsのプランがおすすめです。

通信速度にこだわりがなく、少しでも安くしたい場合に限り「マンション・ハイスピードタイプ」を検討してみると良いでしょう。

最大1Gbpsのプランは2つありますが、その違いはWiFiルーターの有無です。

「ギガマンション・スマートタイプ」にはWiFiルーターのレンタルが付きます。

「スマートフォンやタブレットでも通信を使いたい」「パソコンをWiFiで接続したい」という方は、マンション・スマートタイプがおすすめです。

なお、フレッツ 光ネクストの各タイプで「ミニ」「プラン1」「プラン2」の3つのプランがありますが、どのプランになるかは、集合住宅ごとで見込める契約数などを考慮してNTT東日本が決定します。

ミニは4契約以上、プラン1は8契約以上、プラン2は16契約以上となります。

お住まいの集合住宅でのユーザーが多いほど料金が安くなる可能性があるということです。

ライトに光回線を使いたいなら「フレッツ 光ライト」

通信速度やデータ通信量があまり必要ない人向けプランとして「フレッツ 光ライト マンションタイプ」もあります。

こちらは200MB以内であれば、月額2,200円で利用できます。

ただし、970MBで月額4,730円に達し、フレッツ 光ネクストよりも高額になります。

毎月1GB程度の通信を使うのであればフレッツ 光ネクストを検討しましょう。

戸建て向けのフレッツ光(東日本)の料金プラン

NTT東日本エリアの戸建て向けプランは以下の通りです。

月額料金(税込)
※プロバイダ利用料別
通信速度※
(受信)
通信速度※
(送信)
初期費用(税込)
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・
スマートタイプ
(WiFi無線LANルーター付き)
月額6,270円 (定額) 最大概ね
1Gbps
契約料880円
+初期工事費
19,800円
ファミリー・
ギガラインタイプ
月額5,940円
(定額)
最大概ね
1Gbps
ファミリー・
ハイスピードタイプ
月額5,720円
(定額)
最大概ね
200Mbps
最大概ね
100Mbps
フレッツ 光ライト プラス 3,000MBまで:月額4,180円
~10,000MB:~月額6,050円
10,000MB以上:月額6,050円
(2段階定額)
最大概ね
100Mbps
ファミリータイプ 200MBまで:月額3,080円
~1,200MB:~月額6,380円
1,200MB以上:月額6,380円
(2段階定額)
最大概ね
100Mbps
※ 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。実際の通信速度は利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況により大幅に低下する場合があります。

戸建て向けのフレッツ 光ネクストも3タイプある

戸建て向けのフレッツ 光ネクストのプランとしては、通信速度が最大1Gbpsの「ギガファミリー・スマートタイプ」「ファミリー・ギガラインタイプ」、通信速度が受信最大200Mbpsの「ファミリー・ハイスピードタイプ」の3タイプがあります。

こちらも料金は最大1Gbpsと受信最大200Mbpsで大きく変わらないので、通信速度にこだわりがなく、少しでも料金を安くしたい場合を除いては、最大1Gbpsを選んでおくのがおすすめです。

なお、最大1Gbpsの2つのプランの違いは、無線WiFiルーターのレンタルの有無です。

「スマートフォンやタブレットでも通信を使いたい」「パソコンをWiFiで接続したい」という方は、「ファミリー・スマートタイプ」を選んでおきましょう。

戸建て向けのフレッツ 光ライトは2つのプランが選べる

データ使い放題までは必要なく、通信速度をあまり求めない人は「フレッツ 光ライト」がおすすめです。

フレッツ光 ライトのプランは「プラス」「ファミリータイプ」の2つです。

どちらもデータ通信量に応じて料金がステップする2段階定額のプランとなります。

プラスは9,000MB程度、ファミリータイプは1,000MBの通信を使うと、フレッツ 光ネクストのファミリー・ハイスピードタイプと料金が同額になります。

そのあたりを目安に、ご自身のケースではどちらが安くなるかを考えつつ、プランを選択してみると良いでしょう。

フレッツ光の料金【西日本の場合】

続いて、 NTT西日本エリアの料金プランを見ていきましょう。

料金プランは「フレッツ 光ネクスト」と「フレッツ 光ライト」の大きく2種類です。

フレッツ 光ネクストは、最大1Gbpsのプランが選択でき、料金は定額です。

高速通信を思う存分使いたい人におすすめのプランとなります。

一方、フレッツ 光ライトは、通信速度もデータ通信量もそれほど求めない人向けのプランとなります。

マンション向け、戸建て向けのそれぞれについて料金プランを詳しく見ていきましょう

マンション向けのフレッツ光(西日本)の料金プラン

NTT西日本エリアのマンション向けプランは以下の通りです。

月額料金(税込)
※プロバイダ利用料別
通信速度※ 初期費用(税込)
フレッツ 光ネクスト マンション・
スーパーハイスピードタイプ 隼
プラン2:月額3,520円
プラン1:月額4,070円
ミニ:月額4,950円
(定額)
最大概ね1Gbps 契約料880円
+初期工事費
16,500円
マンション・
ハイスピードタイプ
最大概ね
200Mbps
マンションタイプ 最大概ね
100Mbps
フレッツ 光ライト 320MBまで:月額2,860円
~1,110MB:~月額2,860円
1,110MB以上:月額5,940円
(2段階定額)
最大概ね
100Mbps
※ 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。実際の通信速度は利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況により大幅に低下する場合があります。

フレッツ 光ネクストには、通信速度の異なる3つのプランが用意されていますが、料金は全て同額です。

基本的には最も通信速度の速い「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」を選ぶのが良いでしょう。

なお、フレッツ 光ネクストの各タイプで「ミニ」「プラン1」「プラン2」の3つのプランがありますが、どのプランになるかは、集合住宅ごとでの見込みの契約数によって決定されます。

ミニは6契約以上、プラン1は8契約以上、プラン2は16契約以上です。

契約数が多いほど料金が安くなる可能性があります。

一方、フレッツ 光ライトは、320MBまでなら月額2,860円で利用できます。

ただし、1,110MBで月額5,940円に達し、フレッツ 光ネクストよりも料金が高額になります。

約700MBで月額約4,000円となり、フレッツ 光ネクストと料金が同額程度になるので、そのあたりを目安にどちらのプランを選ぶか検討してみると良いでしょう。

戸建て向けのフレッツ光(西日本)の料金プラン

NTT西日本エリアの戸建て向けプランは以下の通りです。

月額料金(税込)
※プロバイダ利用料別
通信速度※ 初期費用(税込)
フレッツ 光ネクスト ファミリー・
スーパーハイスピードタイプ 隼
月額5,940円
(定額)
最大概ね
1Gbps
契約料880円
+初期工事費
19,800円
ファミリー・
ハイスピードタイプ
最大概ね
200Mbps
ファミリータイプ 最大概ね
100Mbps
フレッツ 光ライト 320MBまで:月額3,520円
~1,320MB:~月額3,520円
1,320MB以上:月額6,600円
(2段階定額)
最大概ね
100Mbps
※ 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。実際の通信速度は利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況により大幅に低下する場合があります。

フレッツ 光ネクストは通信速度の異なる3つのプランがあり、料金は全て同額です。

基本的には最も通信速度の速い「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」を選びましょう。

フレッツ 光ライトについては、320MBまでなら月額3,520円と格安で利用できます。

ただし、1,320MBで月額6,600円に達し、フレッツ 光ネクストよりも高額になります。

約1,100MBで月額約6,000円となり、フレッツ 光ネクストと同額程度になるので、そのあたりを目安にどちらを選ぶか検討してみると良いでしょう。

フレッツ光を安く契約するには?

フレッツ光を安く契約したいと考えているなら、代理店からの契約がおすすめです。

フレッツ光は公式サイトのほか、代理店からも契約が可能です。

代理店では、数万円の高額キャッシュバックなどのキャンペーンが用意されています。

契約するサービス自体は、公式サイトからでも代理店からでもフレッツ光で変わりません。

少しでもお得に契約したいと考えている方は代理店の特典をぜひチェックしておきましょう。

代理店でフレッツ光を契約するなら「ネットナビ」がおすすめです。

ネットナビでは最大70,000円のキャッシュバックを実施中です。

公式キャンペーンと併用でかなりお得にフレッツ光を契約できます。

ネットナビのキャッシュバック、キャンペーンを詳しく紹介していきます。

ネットナビなら最大70,000円キャッシュバック

ネットナビでは最大70,000円のキャッシュバックを実施中です。

キャッシュバック金額は代理店の中でもトップクラスとなっています。

キャッシュバックの適用条件と金額の詳細は以下の通りです。

適用条件 下記全てを満たす方が対象
・ネットナビWebサイトまたは、お申し込み受付窓口(0120-080-124)から新規申し込み
・キャンペーンコードを申請
・申込日より90日以内に開通し、特典受け取りまで継続利用
・申込みされたサービスを開始日より24ヶ月以上継続利用
・申込月を含む10ヶ月目の1日から末日までにキャッシュバックの手続きをすること
・キャッシュバックの際にアンケートに回答
キャッシュバック額の金額 指定サービスへ全て加入で70,000円キャッシュバック
※申し込みサービスによってプレゼント額が変わります。

NTT公式のフレッツ光キャンペーンも併用可能

キャッシュバックと併用して、NTT公式キャンペーンの適用が可能です。

もっとお得にフレッツ光を契約できます。

開催中の公式キャンペーンは以下の通りです。

▼NTT東日本エリアのキャンペーン
ギガ・スマート割引 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプに
新規申し込みで30ヶ月間割引
NTT東日本
ADSLからフレッツ光への移行割引
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行で、
初期工事費とセットアップサービスが無料
フレッツ 光ライト もっとライトに!割引 「フレッツ光 ライトファミリータイプ」を新規で申し込み・契約で
基本工事費を割引
にねん割 フレッツ 光ネクスト、Bフレッツを申し込み・契約で
月額料金が2年間総額で最大18,480円割引
▼NTT西日本エリアのキャンペーン
光はじめ割 フレッツ 光ネクストの月額料金が最大1,419円/月割引
NTT西日本フレッツ・ADSLおよびフレッツ・ISDNから
フレッツ光への移行における工事費割引キャンペーン
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行なら、
初期工事費が無料
フレッツ・あっと割引キャンペーン フレッツ 光ライト、Bフレッツに新規申し込みで
2年間の継続利用を条件に毎月一定額の割引
フレッツ・グループ割引キャンペーン 家族や友達同士で グループを組んで一緒に使えば、
月額利用料が割引

なお、キャンペーンについて期間や条件など、詳細は公式サイトを確認するようにしてください。

まとめ

フレッツ光の料金プランを紹介しました。

たくさんネットを使うなら「フレッツ 光ネクスト」、少しだけ使えれば良いなら「フレッツ 光ライト」というのが基本的な選び方です。

さらに細かくプランが分かれるところもありますが、必要な通信速度とデータ通信量に合わせて選んでいけば、ぴったりのプランを選択できるはずです。

フレッツ光の契約の申し込み窓口としては「ネットナビ」がお得です。

最大70,000円キャッシュバックなど独自の特典でもっとお得にフレッツ光に申し込みできます。

ぜひ参考に料金プランを検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました

■ フレッツ光通信メディアについて

■ おすすめ記事

  • フレッツ光の解約について
  • ■ 掲載サービス

  • フレッツ光