フレッツ光のおすすめの代理店は?それぞれのメリット・デメリットや選び方も解説

フレッツ光 代理店 フレッツ光

フレッツ光を検討しているなら公式サイトで申し込むよりも、代理店を通じて契約をしてみましょう。

代理店から申し込むと、公式サイトで契約するよりもお得になる可能性があります。

ただし、フレッツ光の代理店はいくつもあり、開催しているキャンペーンが異なります。

また、なかには悪質な代理店もあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

本記事ではフレッツ光の代理店のメリット・デメリット、選び方、注意点などを解説します。

フレッツ光の代理店とは?

フレッツ光とは、日本全国に光回線を提供しているインターネットサービスです。

運営会社はNTT東日本・西日本で契約窓口は2種類あり、以下の通りです。

フレッツ光の契約窓口
  • NTT東日本・西日本の公式サイトや電話窓口
  • フレッツ光の代理店

フレッツ光は、NTT東日本・西日本の公式サイトや電話窓口で直接契約するか、代理店を通じて契約するか、自分で選ぶことができます。

代理店とは、ユーザーとNTT東日本・西日本の間に立ってフレッツ光の契約をおこなう仲介業者のことです。

代理店で申し込んでも、公式サイトから申し込んでもフレッツ光の通信品質や料金プランは一緒なので、通信速度が速くなったり、月額料金が安くなったりすることはありません。

代理店で契約する最大のメリットは、独自のキャンペーンを展開していることです。

キャンペーンの内容は代理店ごとに異なりますが、高額なキャッシュバックや割引特典などがあり、なおかつ公式サイトのキャンペーンを受けることもできます。

つまり、フレッツ光を公式サイトで申し込むよりも、代理店を通じて契約した方がキャンペーンや割引特典が増えてお得になる可能性があります。

フレッツ光を代理店で申し込むメリット

フレッツ光を代理店で申し込むメリットは以下の通りです。

代理店で申し込むメリットを順番に解説します。

代理店独自のキャッシュバックを受けられる

フレッツ光を代理店で申し込むと、代理店独自のキャッシュバックやキャンペーンを受けられる可能性があります。

また、代理店を通じて申し込んでも、フレッツ光の公式サイトで開催しているキャンペーンを受けることもできます。

例えば、代理店「ネットナビ」でフレッツ光を申し込んだ場合、受けられるキャンペーンやキャッシュバックは以下の通り。

キャンペーンやキャッシュバック 内容
公式サイト ギガ・スマート割引 特定のプランの月額料金が割引
ADSLからフレッツ光への移行割引 工事費が無料
にねん割 2年間月額料金が最大770円(税込)割引
光はじめ割 開通から最大1,419円割引
フレッツ光ライト もっとライトに!割引 特定の料金プランの月額料金が最大550円(税込)割引
もしくは、初期工事費が9,900円(税込)割引
ネットナビ 最大70,000円キャッシュバック(※) 法人、SOHO、個人事業主の方を対象に
最大70,000円のキャッシュバック

※指定サービス(別途月額料金)に全て加入することで適用

ネットナビでは、最大70,000円のキャッシュバックを貰えるキャンペーンを開催中です。

ネットナビを通じて申し込めば、最大70,000円のキャッシュバックに加えて、フレッツ光公式のキャンペーンが適用され、月額料金の割引や工事費無料などが受けられます。

複数のプロバイダを同時に比較できる

フレッツ光は光回線を提供するサービス(通信事業者)ですが、インターネットを使用するにはプロバイダ(接続事業者)とも契約する必要があります。

インターネットに必要なサービス
  • 通信事業者…インターネットまでのデータの通り道(通信回線)を提供する事業者
  • 接続事業者…インターネットと通信回線を接続する事業者

フレッツ光ではプロバイダを自分で選択できますが、プロバイダごとに月額料金や接続方式が異なるため、どれを選べばよいのか迷うこともあるでしょう。

代理店の公式サイトでは、フレッツ光を使用したいエリアで検索すると契約できるプロバイダが一覧となって表示され、簡単に比較ができます。

また、代理店によっては、フレッツ光とプロバイダを一本化した光コラボレーション(光コラボ)についての解説もあります。

光コラボレーションとは、NTT東日本・西日本から光回線を借り受け、プロバイダとセットにして販売している事業者のことです。

光コラボを契約するだけで、フレッツ光(通信回線)とプロバイダの両方に契約でき、光コラボ限定のキャンペーンを受けられる可能性もあります。

つまり、公式サイトで申し込むよりも、代理店でプロバイダや光コラボなどの複数の選択肢を比較してから選ぶ方が、インターネットをお得に利用できるでしょう。

代理店によっては工事費や違約金を負担してくれる場合がある

代理店によっては光回線の工事費や、契約中のインターネットサービスの乗り換え費用を負担してくれる場合があります。

ちなみに、フレッツ光の工事費は以下の通りです。

初期工事費
ファミリータイプ(戸建て) 19,800円(税込)
マンションタイプ(集合住宅) 16,500円(税込)

インターネットの通信費を抑えたい方にとって、代理店が負担してくれるのは魅力的です。

初期費用なしという代理店もあるので、コストを抑えたい方はチェックしてみましょう。

フレッツ光を代理店で申し込むデメリット

フレッツ光を代理店で申し込むデメリットは以下の通りです。

デメリットをしっかりと確認してから、代理店を選ぶようにしましょう。

フレッツ光の代理店は数が多い

フレッツ光の代理店は数が多く、代理店ごとに特徴やキャンペーンが異なります。

そのため、どの代理店がお得なのか、比較するのが大変です。

また、代理店のなかには悪質な事業者もいて、虚偽の説明をしたり勝手なオプションを付けてきたりする場合もあります。

総務省が令和3年に発表した「電気通信サービスの苦情相談処理体制について」によると、悪質な代理店による相談は2015年~2019年にかけて高い件数で推移しているため、注意が必要です。

代理店を通じて申し込むときは、「会社名」や「氏名」を名乗り、「電話や訪問の目的」、「代理店であること」などを伝えてくる、信頼できる正規代理店を選びましょう。

キャッシュバックを受け取るには条件がある

代理店のキャッシュバックを貰うには、オプション加入や指定のプロバイダへの加入など、条件が設定されている場合があります。

例えば、過去にあったキャッシュバックの条件は以下の通りです。

キャッシュバックの条件の一例
  • 法人・SOHO・個人事業主限定
  • 指定されたオプションサービスに加入
  • 工事日から30日以内に情報の登録
  • オプションサービスを含めたサービスを12ヶ月継続利用

基本的に、条件をすべて満たさないとキャッシュバックは全額貰えません。

代理店のキャッシュバックを狙っているなら、ホームページに記載されている条件や契約内容、手続き可能な期間などをしっかりと確認しましょう。

フレッツ光の代理店の選び方

フレッツ光の代理店の選び方は以下の通りです。

代理店選びで迷っているなら、ぜひ参考にしてください。

キャッシュバックの金額で選ぶ

代理店を選ぶときに最も重要なのはキャッシュバックの金額を比較することです。

代理店によってキャッシュバックの金額は異なり、時期によってはキャンペーンが開催されていません。

そのため、今の時点で開催中のキャッシュバックをしっかりと確認しましょう。

2021年10月時点で開催している、代理店のキャッシュバックの金額は以下の通りです。

キャッシュバックの金額※
ネットナビ 最大70,000円キャッシュバック(全国)
エフプレイン 最大79,999円キャッシュバック(全国)
ネクストインターネット 最大45,000円キャッシュバック(西日本)
最大30,000円キャッシュバック(東日本)

※指定サービス(別途月額料金)に全て加入することで適用

金額を表で比較すると、高額なキャッシュバックをおこなっている代理店と契約したくなりますよね。

しかし、キャッシュバックの金額が高額だからといって、すぐに決めるのはおすすめできません。

有料のオプションに加入する必要があるかどうかで選ぶ

金額を比較したら、次はキャッシュバックを受けられる条件を確認しましょう。

なぜなら、キャッシュバックの条件には、有料のオプション加入が必須という場合もあります。

プロバイダによって契約するオプションの数や種類は異なり、なかには不要なオプション契約をしないとキャッシュバックが受け取れないことも。

そのため、どのようなオプション契約が必要なのか確認することも大事です。

キャッシュバックを受け取るために加入する有料オプションは以下の通りです。

加入する有料オプション
ネットナビ※ ひかり電話(エース)
ITサポート&セキュリティ ライトあんしんプラン
24時間出張修理オプション
エフプレイン ギガらくWi-Fi
ひかり電話A(エース)
ネクストインターネット なし

※東日本の場合の条件です。西日本の場合は異なります。

また、有料オプション以外にもキャッシュバックを受け取る条件はあります。

例えば、表にある代理店のキャッシュバックは法人、もしくは個人事業主、SOHOが対象のため、個人契約では受け取ることができません。

キャッシュバックの条件は複雑かもしれませんが、しっかりと確認してから申し込みましょう。

キャッシュバックを受け取るまでの流れを確認する

代理店によって、契約完了からキャッシュバックの受け取りまでの流れは異なります。

自動で振り込まれる場合もあれば、対象期間中に自分で手続きをしないと貰えない場合もあります。

代理店のキャッシュバックを受け取るまでの流れは以下の通りです。

受け取るまでの流れ
ネットナビ 申し込み時にキャッシュバックのコードを伝える
代理店より送られるアンケートに返信して、申請用紙をメールで貰う
工事完了後の書類を添付して申請用紙を送る
開通月の12ヶ月目の月末日までに指定口座に振り込まれる
エフプレイン 代理店より届いた申請用紙を返送
開通月より3ヶ月以内に申請をする
開通月の半年後に指定口座に振り込まれる
ネクストインターネット 申し込み時にキャッシュバックの申請をする
利用開始日より20日以内に決済方法を登録
開通月の2ヶ月後の月末日までに指定口座に振り込まれる

代理店によって、キャッシュバックを貰えるまでの期間も異なります。

受け取れるまでの流れを比較して、自分に合った代理店を選びましょう。

プロバイダが選択できるかどうかで選ぶ

代理店によってはキャッシュバックを受ける条件にプロバイダが指定されている場合があります。

指定以外のプロバイダを契約すると、キャッシュバックが貰えない、あるいは減額されます。

例えば、ネクストインターネットのキャッシュバックは、「USEN NET3年割プラン」を選ぶと5,000円、「OCN」を選ぶと15,000円減額です。

プロバイダによって月額料金や接続方式が異なるため、キャッシュバックの条件に自分の契約したいプロバイダが含まれているか確認しておきましょう。

代理店でフレッツ光を申し込むときの注意点

代理店でフレッツ光を申し込むときの注意点は以下の通りです。

代理店のなかには悪質な業者もあるため、申し込むときは上記のポイントに注意しましょう。

契約内容を把握しないまま契約しない

代理店でフレッツ光を申し込むときは、契約内容を把握しないまま、サインや捺印をしてはいけません。

サインをしてしまえば、契約に同意したことになってしまうため、契約書の内容はきちんと確認する必要があります。

総務省が令和3年に発表した「電気通信サービスの苦情相談処理体制について」によれば、2019年の「電気通信サービスに係る苦情相談件数」は87,249件と多く、前年に比べて10.5%も増加しています。

「大手通信事業者からの電話だと思い契約したが、別の事業者だった」「契約プランの変更と思ったら別会社との契約になっていた」などの苦情があり、利用者に対して誤解を招く不適切な勧誘をおこなっている傾向があります。

契約内容を持ち帰ってインターネットの情報と比較して、正規の代理店か調べてみましょう。

強引な勧誘をおこなう代理店に注意

代理店のなかには、電話や突然の訪問で営業を掛けてくる代理店もいますが、強引な勧誘をおこなう代理店は悪質な事業者の場合があります。

電話で勧誘されても、はっきりと必要ないと言って断るようにしましょう。

また、個人情報や転用承諾番号などの情報は渡さないように気を付けましょう。

個人情報や転用承諾番号などの情報があると、悪質な代理店が勝手に契約中のフレッツ光から別の光コラボに転用することができます。

そのため、個人情報は信頼できる代理店以外には教えないように注意すべきです。

もし、悪質な代理店に申し込んでしまった場合は工事日の2日前までか、ご利用開始の案内を受け取った日から8日以内までなら無料でキャンセルできます。

フレッツ光を契約するならネットナビがおすすめ

本記事でおすすめのフレッツ光の代理店は「ネットナビ」です。

ネットナビはフレッツ光や光コラボなどの光回線事業者の仲介をおこなっている事業者で、光回線の代理店として10年以上の運用実績があるため、信頼できる代理店です。

今なら、法人、SOHO、個人事業主を対象に最大70,000円のキャッシュバックをおこなっています。

キャッシュバックの詳細は以下の通りです。

キャンペーン概要 ネットナビ限定の最大70,000円キャッシュバック
適用条件 下記全てを満たす方が対象
・ネットナビWebサイトまたは、お申し込み受付窓口(0120-080-124)から新規申し込み
・キャンペーンコードを申請
・申込日より90日以内に開通し、特典受け取りまで継続利用
・申込みされた月額有料の3サービスを開始日より24ヶ月以上継続利用
・申込月を含む10ヶ月目の1日から末日までにキャッシュバックの手続きをすること
・キャッシュバックの際にアンケートに回答
特記事項 申し込みサービスによってプレゼント額が変わります。

【東日本】:フレッツ光(法人、SOHO、個人事業主)+指定プロバイダ+ひかり電話(エース)
+ITサポート&セキュリティ ライトあんしんプラン+24時間出張修理オプションへの加入で70,000円キャッシュバック
【西日本】:フレッツ光(法人、SOHO、個人事業主)+指定プロバイダ+ひかり電話A(エース)
+オフィス安心パック+モバイルデータ通信(WiMAX)への加入で70,000円キャッシュバック

ネットナビのキャッシュバックを貰うためのポイントは、申し込み確認の電話のときにキャンペーンコードを伝えることと、キャッシュバックの手続きをおこなえるのが申込月を含む10ヶ月目の1日~末日までと決まっていることです。

上記2つを忘れてしまうと、キャッシュバックを受け取ることはできません。

忘れないようにメモやスケジュールに書いておきましょう。

ネットナビでは最大70,000円のキャッシュバックを貰える以外に、NTT東日本・西日本のキャンペーンも受けることができます。

▼NTT東日本エリアのキャンペーン
ギガ・スマート割引 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー
/ギガマンション・スマートタイプに新規申し込みで24ヶ月間割引
NTT東日本
ADSLからフレッツ光への移行割引
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行で、
初期工事費とセットアップサービスが無料
フレッツ 光ライト
もっとライトに!割引
「フレッツ光 ライトファミリータイプ」を
新規で申し込み・契約で基本工事費が割引
にねん割 フレッツ 光ネクスト、Bフレッツを申し込み・契約で
月額料金が2年間総額で最大18,480円割引
▼NTT西日本エリアのキャンペーン
光はじめ割 フレッツ 光ネクストの月額料金が最大1,419円/月割引
NTT西日本フレッツ・ADSLおよびフレッツ・ISDNから
フレッツ光への移行における工事費割引キャンペーン
フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNからの移行で、
初期工事費とセットアップサービスが無料
フレッツ・あっと割引 フレッツ 光ライトに新規申し込みで毎月一定額の割引
フレッツ・グループ割引 家族や友達同士で グループを組めば、
月額利用料が割引

NTT東日本・西日本のキャンペーンは月額料金の割引に関する内容が多いです。

そのため、ネットナビの最大70,000円キャッシュバックと上記のキャンペーンを併用すれば、インターネットの使用料金を抑えることができます。

ただし、エリアによってキャンペーンが適用されない場合もあるので、条件や内容はしっかりと確認すべきです。

インターネットの料金を少しでも抑えたい方は、正規代理店「ネットナビ」を通じてフレッツ光を申し込んでみましょう。

まとめ

代理店とは、フレッツ光とユーザーの仲介をおこなってくれる業者のことです

代理店は独自のキャッシュバックをおこなっており、公式サイトのキャンペーンと一緒にもらうことができます。

つまり、フレッツ光を契約するなら公式サイトから申し込むよりも、代理店を通じて申し込んだ方がお得でしょう。

ただし、代理店のなかには悪質な事業者がいる、あるいはキャッシュバックの条件が分かりづらいケースなどがあります。

そのため、代理店を選ぶときは注意が必要です。

フレッツ光の代理店を選ぶときのポイント
  • 信頼できる正規代理店を選ぶ
  • キャンペーンの条件や流れがサイトに記載されているか確認する
  • 月額料金やプロバイダの情報が比較できるか確認する

上記のポイントをすべて満たしているおすすめの代理店は「ネットナビ」です。

条件を満たせば、最大70,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、プロバイダの月額料金や情報がまとまっているので、比較しやすくなっています。

フレッツ光をお得に契約したい方や、代理店選びで迷っている方は、下記サイトをクリックしてネットナビから申し込みをしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました

■ フレッツ光通信メディアについて

■ おすすめ記事

  • フレッツ光の解約について
  • ■ 掲載サービス

  • フレッツ光