フレッツ光を新規契約!事前におさえるべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1571 views

ご自宅へのフレッツ光の導入を決定したら、新規契約に申し込むことになります。
しかし何も準備しないで取り組むとスムーズに進まない可能性があります。

申し込みで重要となる3つのポイントを頭の中に入れておきましょう。
お得なキャンペーンの活用方法についても解説します。

それでは、NTT東日本のフレッツ光を基に解説していきます。

1.フレッツ光で新規契約するプランを決める

まずフレッツ光でどのプランを契約するのか、月額利用料がいくらなのかを把握します。

回線契約プランはフレッツ光ネクストが主流

フレッツ光で現在主流な回線契約プランは、最大で1Gbps(1000Mbps)の速度の「フレッツ光ネクスト」です。
光回線に加えてWi-Fiも使用することができ、スマホやタブレットをお得に利用することができるのもメリットです。

フレッツ光ネクストは一戸建て向けのファミリータイプと、マンションタイプの2種類に分かれます。
またオプションの割引制度もあるので、一緒に見てみましょう。

プラン名 通常の月額料金
ギガファミリー・スマートタイプ 5,700円
ギガマンション・スマートタイプ 3,350円
オプション割引名 割引内容
ギガ推し!割引 毎月300円割引
にねん割 ファミリー:2年契約で毎月700円割引
マンション:2年契約で毎月100円割引
フレッツ光メンバーズ マンスリーポイント 付与されるマンスリーポイントを料金支払いに充当すると100円割引

例えば一戸建てのギガファミリー・スマートタイプを契約し、ギガ推し・にねん割・マンスリーポイントのすべてを適用すると、5,700円が4,600円になります。
ただし、にねん割は2年契約がベースであり、期間途中で解約すると解約手数料としてファミリーは9,500円、マンションは1,500円を支払うことになります。

Wi-Fiが要らない場合の2つのプラン

Wi-Fiはいらないという場合、ギガラインプランとハイスピードタイプから選択することになります。
ギガラインプランは、下り最大で1Gbps、ハイスピ-ドタイプは下りが最大200Mbpsです。

プラン名 月額料金
フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ ファミリー:5,400円
マンション:3,050円~4,050円
フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ ファミリー:5,200円
マンション:2,850円~3,850円
オプション割引名 割引内容
にねん割 ファミリー:2年契約で毎月700円割引
マンション:2年契約で毎月100円割引
フレッツ光メンバーズ マンスリーポイント 付与されるマンスリーポイントを料金支払いに充当すると100円割引

ギガライン・ハイスピードの場合、オプション割引にギガ推し!はありません。
マンションタイプの月額料金は、建物内で見込める契約数に応じて変動します。

建物内で見込めるフレッツ光の契約数が多いほど月額料金は安くなりますが、詳細はNTTが決定することになります。
ギガラインとハイスピードの料金の差は200円ほどと大きくないため、速度のメリットを考えるとギガラインのほうがお得でしょう。

手軽に利用したい人にはフレッツ光ライト

フレッツ光ネクストは動画閲覧や通信機能のゲームなど、ある程度高速が必要な使い方をする方には必要です。
しかしメールや簡単なネットサーフィンぐらいでOKという方もいるでしょう。
インターネットを軽く使いたい方には、100Mbpsのフレッツ光ライトがおすすめです。

フレッツ光ライトについては下の記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

【関連記事】フレッツ光ライトとは?ライトユーザーに特化した料金プラン

プロバイダを選ぶ

回線契約をどれにするか選んだら、次にプロバイダを選びましょう。
フレッツ光回線と自宅がつながった状態を、インターネットに接続する役割がプロバイダです。
インターネットを行うにはフレッツ光などの回線契約に加え、プロバイダも契約する必要があります。

料金はプロバイダによって異なり、プロバイダで独自のキャンペーンやサービスを行っていることもありますので、プロバイダ選びの参考にしてみてください。
フレッツ光で選択できる代表的なプロバイダは以下のとおりです。

  • Yahoo!BB
  • OCN
  • BIGLOBE
  • 楽天ブロードバンド
  • Plala
  • So-net
  • Toppa etc…

注意点として、どこから申し込むかによって選べるプロバイダは限られるということです。
例えばフレッツ光の公式サイトでプロバイダパック(回線契約+プロバイダ契約のセット)を申し込む場合、Yahoo!BBは選択できません。

2.新規契約でかかる費用を把握する

回線契約・プロバイダ契約の費用に加えて、初回のみかかる費用があります。

契約料・開通工事費用

新規契約の際に、契約料と開通工事費用がかかり、この2つを合わせて初期費用と呼びます。
合計15,000円以上と大きな金額ですが、キャンペーンを活用することで無料にすることも可能です。
詳細な内容はのちほど解説します。

機器設置・工事費

ひかり電話も使用するなどで別途ルーターをレンタルする場合、工事費と月額レンタル料金もかかります。

お申し込み

3.代理店経由のお得なキャンペーンを活用する

フレッツ光を取り扱う代理店を経由して申し込むと、さまざまなお得なキャンペーン特典が受けられます。
特典を受けるには、申し込むプランの対象が限られていたりすることもありますので、適用条件など内容をよく確認しましょう。

キャンペーン内容は時期により異なりますが、代表的な種類をご紹介します。
すべてが実施されているとは限らないので、必ず最新の情報を代理店サイトで確認してくださいね。

工事費の割引キャンペーン

工事費が無料になる1万円以上かかる開通工事費が無料になるキャンペーンは、auひかりなど他回線でもよく行われています。
代理店サイトで実施しているケースが多いので、ネットで検索してみてください。

キャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックがもらえるこちらの代理店のキャッシュバックキャンペーンをご紹介します。
代理販売店を経由して申し込み、指定された期間に手続きを行うことでキャッシュバックを受けることができるキャンペーンです。

ただし現在は法人、SOHO、個人事業主のみを対象にしています。フレッツ光の加入者数が頭打ちになったことで、個人向けのキャッシュバックはなくなったか、あっても全盛期と比べるとかなり小額なキャンペーンになりました。

法人等であれば70,000円の高額キャッシュバックがもらえるため、該当するならぜひうまく活用したいキャンペーンです。
注意点として、契約完了後すぐではなく、数か月後にキャッシュバック手続きをしなければならない場合があります。
忘れてしまうとキャッシュバックを受けられないので、カレンダーにメモするなどして、絶対に忘れないようにしましょう。

月額料金割引キャンペーン

月額利用料金が割引になる指定のプランを契約することにより、月額利用料金が割引になるキャンペーンもあります。
割引期間は24ヶ月や30ヶ月など制限がありますが、月々数百円程度割引になるため、合計で数千円~数万円お得になります。

中には月額1,000円以上割引になるキャンペーンが実施されることも。

キャンペーンは魅力的なキャンペーンが数々用意されていますが、NTT東日本とNTT西日本ではキャンペーン内容が異なります。
居住地域で決まるため、くれぐれも勘違いをしないようにしましょう。

代理店を経由して申し込む手順をおさえよう代理店を経由するといっても申し込む手順はまったく複雑ではなく、以下が主な流れです。

  1. 代理店サイトでお客様情報を入力・送信する
  2. 専門スタッフから折り返し連絡が来る
  3. 回線の開通工事の実施

インターネットの利用スタート最初はネットで情報を送信するのが便利ですが、急いでいる場合は電話の方が早いです。
受付時間を確認して電話をしましょう。
お得なキャンペーンの終了間際には電話が混み合うケースもあるため、できるだけ余裕をもって申し込むことをおすすめします。

お申し込み

フレッツ光の新規契約についてのまとめ

フレッツ光を新規契約する前に、契約プラン・プロバイダの選択・月額料金・初期費用の確認を行いましょう。

申し込みをする際には、キャンペーンが充実している代理店からの申し込みがお得です。
自宅で都合の良いときに手軽に申し込めて、高額キャッシュバック・月額料金割引などの特典を受けられますので、ぜひチェックしてみてください。

フレッツ光に関するご相談はコチラ

フレッツ光

フレッツ光サービス提供エリア拡大中!

あなたの地域でもフレッツ光が利用できるか、
まずは無料でエリア確認してみましょう!

お得なキャンペーン実施中!

最大70,000円キャッシュバック

フレッツ光お申し込みサイトへ

フレッツ光

フレッツ光

フレッツ光とは、NTTが提供する最大1Gbpsの通信サービスです。大容量のサイトや動画コンテンツがスムーズに楽しめ、楽曲やゲームもあっと言う間にダウンロードできるなど、様々なコンテンツが快適に楽しめます。

関連記事
おすすめ記事